アタックチャ~ンス!

児玉清 売れっ子文化人になっても淡々と…

日曜日に放送された「アタック25」、
放送時間中は用事で不在にしていたので、
ビデオに撮ってもらって夜見た。
児玉清のものまねで有名になった博多華丸&大吉コンビ、
番組の解答者紹介の際にも児玉清の合いの手のもと、
「あいうえお作文」を披露したり、
残りパネル5枚になったところで行われるアタックチャンス!のコールを
何と2人並んでしていたのには

久々に爆笑してしまった。

おそらく番組史上初ではないだろうか?

で、
俳優・司会業などで活躍する氏であるが、
当初なりたかったのはドイツ文学者だそうだ。
風貌からしてわらないこともない。何でも洋書を原書で読むとか。
一時のブームに浮かれることなく淡々と仕事をこなすその地道さは
見習わなければならないだろうと思う。
普段の地道さがあってこそ、チャンスがやってきて生かせるというものだ。
大事な大事なチャンスをまずは呼び寄せられるように
日々の生活を送らないといけないようだ…。
(またえらく話が逸れてしまったな、まあいいか…。)

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-09-05 23:13 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4498828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ちょっとは暑さも落ち着きました。 敗北は最大の教師 >>