敗北は最大の教師

<サッカー>オシムジャパン初黒星 サウジに惜敗
しばらく更新をサボってました。
いや、正確に言うとインターネットの調子が悪かったのと
仕事が忙しかったりして更新できずにいたのです。
とは言え、3日ぶりに記事を書く羽目に…。
サボっていた期間も変わらず訪問していただいた皆さん、ごめんなさい。

そんな訳で一挙大更新といきたいと思う。

まずは、オシム監督のおなじみ「オシム語録」から。
サウジアラビアに初黒星を喫した後のコメント。
とにかく「走る」ことと「考える」ことを選手に徹底させている監督、
ベテランもおかまいなしの状態だ。
酷暑の中頑張り、また考えるプレーもできているのではとも思われるが、
この日の試合後では
試合を振り返って「子供のようなプレー」との酷評ぶり、
なかなか監督の満足するサッカーには至っていないようである。
選手もハードスケジュールに加えて、練習方法など
まだまだ「オシム流」に慣れていないところもあるのだろう。
そこでタイトルの言葉、
敗北にもかかわらず、前向きな言葉である。
オシムジャパンには次回のイエメン戦をはじめとして
1戦1戦を大事にし、
長期的に成長して勝てるチームになって欲しいものである。
ついでに自分自身も「敗北」とまではいかないものの、
嫌なことを跳ね返すくらいの意気込みを持っていきたいと思ったりした。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-09-05 22:48 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4498556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from fujitakaのぼちぼ.. at 2007-12-03 22:53
タイトル : オシムジャパンから岡田ジャパンへ
代表監督に岡田氏決定 サッカー協会常務理事会 今日はスポーツ界でも大きなニュースがあった。 サッカー日本代表の監督について、 オシム氏の後任に岡田武史氏の就任が常務理事会で決まったとのこと。 最終は7日に開催される理事会で決定されるとのことであるが、 オシムジャパンから岡田ジャパンへと代わることとなる。 オシム氏については、 昨年のドイツ大会を率い、その後も日本代表の強化に向け、 精力的に動いておられた。 以前、オシム氏に関して、こんな記事を書いていた。 (参考)敗北は...... more


<< アタックチャ~ンス! 餘部鉄橋を撮りに行きたい! >>