本紹介~月館の殺人(下)~

c0034228_23515018.jpg

以前、といってもかなり前の話だが、
こんな本の紹介をしていた。

本紹介~月館の殺人(上)~

今回はその続きである。
主人公である空海は列車の中で殺人事件に巻き込まれていたが、
下巻ではさらなる殺人事件に巻き込まれることとなる。
自分の祖父母・父母との鉄道をめぐる関係、
また今まで乗っていた列車の正体も明らかになる…。
上巻同様、本に出てくる「鉄チャン」(鉄道マニア)のしぐさが面白い。
でも本当のマニアならあそこまでやりかねないかも。(笑)
乗り鉄、撮り鉄、グッズマニアなどなど、
普通の生活ではとても考えられないことばかりである。
鉄道を題材にした推理小説は今までもまあまあ読んできたが、
ちょっと気分転換にこういうのを読むのもまた面白いと思った作品であった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-08-29 23:58 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4449524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aki at 2006-08-30 20:51 x
こんばんわー(^_-)-☆、高松のakiです。
先程メールを書きましたが帰って来ました。
アドレス等なにか変更がありましたか?
Commented by fujitaka_1 at 2006-08-31 23:26
akiさん、書き込みありがとうございます。
なかなかうまくいかないので、
臨時のメールアドレスをまたお送りしようかと考えています。
ご心配をお掛けして申し訳ありません。


<< 今こそ、オリンピックの意義を考える… 「きょうの出来事」の後は… >>