涼を求めて~瓶ヶ森林道(その2)(高知県いの町)~

林道入口からぐんぐんと高度を上げていく。
入口でも1,000mは超えているが、ここまで上がると
まさに四国の頂を走る道と言えよう。
しばらく走ると素掘りのトンネルがある。
c0034228_21571482.jpg

山に這うようにして道ができている。
最初にここに道をつけようと思った人、
そして道の建設に携わった人、すごいなあと思う。
c0034228_2157364.jpg

草原ならぬ笹原が見えてきた。
c0034228_21575439.jpg

お盆期間中とあってかなり混んでいると思いきや、
時間が遅いこともあって予想していたよりは少なかった。
それでも結構対向車はあり、離合のためバックすることが何度かあった。
寒風山の駐車場からだと谷側を走るようになるので、運転には注意が必要。
スピードを出さず、ゆっくりと自然の風に吹かれながらドライブを楽しむのがい。
c0034228_21582460.jpg


人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-08-16 21:58 | 風景 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4345462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aki at 2006-08-16 22:10 x
こんばんわー(^_-)-☆、高松のakiです。
私も先月、瓶ケ森林道をドライブして来ました。その時この素掘りのトンネルを写して来ました。素朴で素敵なトンネルでした。
Commented by fujitaka_1 at 2006-08-17 23:57
akiさん、書き込みありがとうございます。
素彫りのトンネルがあるのはいろんなサイトで知っていたのですが、
実際に見ると感動しました。
こんな風景をいつまでも残しておいて欲しいなあと思いました。


<< 涼を求めて~瓶ヶ森林道(その3... ガソリンは相変わらず高いが… >>