今、電気のありがたみを知る…

<停電>東京都内、千葉などで大規模に発生

今日昼のニュースで知った、東京を中心とした大規模停電、
言わずもがな、生活に与える影響は計り知れないものがあったようで、
影響は多大なもののようだ。
原因は、クレーン船が送電線に接触したというものとのこと。
電力需要が伸びている時だけに、苦情や問い合わせもすごかったようだ。
ふと自分の身の回りを見渡してみても、
いかに「電気に頼った」生活をしているということを思い知らされる。

夏と言えば、何といってもクーラー、
今回まだ朝ということでそんなにかけてなかったようにも思われるが、
これが真昼間だったらどうだろう?
そういや、うちの職場のクーラー、
この間始業時間になっても入ってなくて、みんな焦ってた記憶がある。
c0034228_22591655.jpg

扇風機だって、電気で動く。
こうなりゃ団扇でしのぐしかできないものなのか…。
c0034228_22593741.jpg

情報収集のパソコンも電気がないと動かない。
バッテリーにも限界はある。
c0034228_2259489.jpg

電気と言えば、何より家の電灯、
停電の時間帯によっては、
真っ暗な中で過ごさなくてはならなくなることもあり得る。
c0034228_2259577.jpg

読書用の電気スタンドも、電気がないと役に立たない。
c0034228_2303245.jpg

携帯電話、電気が無くてもと思いがちだが、
充電には電気を使う。
c0034228_2305522.jpg

電気がないと電車も動きません。
c0034228_2311088.jpg


有名な英語のフレーズ(ことわざ)に、
It is not until we lose our health that we realize its value.
(健康というものは失って初めてその価値がわかる。)

などというものがあるが、
これは今、電気についても言えることだろう。
とにかく我々は今、電気のありがたみを認識しなくてはならない。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-08-14 23:07 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4331811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 普段気づかない「平和」の存在… 日本代表、「改革」の時… >>