日本の司令塔引退に思う

Excite エキサイト : スポーツニュース:中田英が現役引退 W杯3大会、全試合出場

ちょっと出かけていた隙に
ニュース速報にまで出たというこのニュース、
ネットでも早々と報道されていた。
中田と言えば、言わずもがな「ヒデ」の愛称で
このW杯日本代表の司令塔として、
とにかく声を出して、走り回っていた
存在感の大きい選手だったと思う。
その活躍ぶりは日本だけではなく今や世界中に知られるところである。
私自身は入院中、クロアチア戦の前半くらいしか見られなかったものの、
翌日のニュースなどで彼の存在感の大きさ、
司令塔ぶりを確認していたところだった。
ブラジル戦後、ピッチで涙を流していた場面、強烈に印象に残っている。
次の大会はどうかなと心配の声もあったものの、
まだ十分いけていたと思う。
理由は明らかにされていないが、
自身の公式ページで新しい「自分探しの旅」に出ると発表しているとのこと。
まだ29歳、若すぎる「引退」で残念であるが、決意は固いのだろう。
今言えることは、「お疲れ様」というくらいである。
同時に彼よりも年齢が上の自分、
入院後1週間の「病み上がりの身」ながらも
彼のひたむきさ、強い思いを見習いながら
何事にも取り組まなければと痛感した今回のニュースであった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-07-03 22:24 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4092513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< あじさい園にて 水が滝・あじさいロード再び… >>