入院日記その5

今日から職場復帰です。
「大丈夫?」とか「もう少し休んでおいた方が…」というご意見もいただき
大変ありがたかったのですが、
自分としては休んでいても遊びに行けるわけでもないし、
温泉に入れるわけでもないし、
家にずっといるのもちょっと退屈になってきたこともあって
徐々に体を慣らしていこうということで復帰しました。
感想、う~ん、まあ行って良かったとは思う。

さて、昨日は「眠れない」をテーマに
懐かしい歌を並べながら書いてきたが、
手術の翌日からは「どんどん動いてください」という先生の言葉通りに
とにかく歩くこととした。
かつてはあまり動かさないでという風潮もあったものの、
最近ではどんどん動いて治すみたいになってきている。
ちなみに翌日から点滴を引っ張りながら売店に行き、飲み物を買った自分…。
点滴をしなくてもよくなり、食事も普通に食べられるようになってからは
積極的に階段を利用することとした。
外の空気も吸っておかなきゃということで1日2~3回、玄関から外に出ていたのだが、
病室のある6階から最初はそろりそろりではあるものの、
階段で降りたり、帰りも階段を昇って帰ったりしていた。
最初のうちは足が筋肉痛になったりしたが、
毎日しているうちに慣れてきた。

で、術後の経過は
術後2~3日は38度以上の熱が出ていた。
坐薬や飲み薬などで下げ、1日経ったらまた上がってるの繰り返し、
どうもお腹を切ったらそういう傾向にあるらしい。
5日目に体に挿していた管
(↑炎症がひどかった等によりつけていたそうな。)を取り外し、
7日目に抜糸を行った。
挿していた管を取れば少しは楽になると言われていたものの、
取り外したその日の午前中に痛み出し、痛み止めの薬で対応することに。
管を挿していた部分の傷の状況で退院も延びることとなり、
手術前の1日と合わせると、
14日夜~27日朝という13日間も過ごしたことになった。
まあ退院できただけでもよかったと言わないといけないのだが…。
ちなみに退院後も何日か外来に行くようになっている。
たかが虫垂炎と言われたりすることも多いが、
されど虫垂炎なのだ。
よく子供がかかるなどと言われているが、成人男性と言えども要注意である。
このブログと同じように
結構虫垂炎にかかった時のことを書いている人もいるくらいだから。

ちなみに明日は入院日記おまけ編を予定している。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-06-29 23:53 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4079389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hirokionbeat at 2006-06-30 12:41
なるほど、虫垂炎は怖いですね。
私も注意しておこうと思います。
Commented by fujitaka_1 at 2006-07-02 22:31
hirokionbeatさん、書き込みありがとうございます。
何事も「自分は大丈夫」と思いがちですが、
本当に自分の身に何が起こるかわからないものです。
私もまさか虫垂炎で手術なんて
自分には関係ない話だと思っていましたから。
気をつけてくださいね。


<< 入院日記おまけ編 入院日記その4 >>