入院日記その3

今日も病院の消灯時刻より遅く起きているfujitaka_1です。
寝起きだけは通常のペースに戻ったということでしょうか?
ちなみに今日退院して初めて車の運転をしました。
最初のうち、ちょっと違和感を感じたけど
すぐに慣れました。
ただ長距離となるとまだちょっとしんどいかな?

さて、昨日に引き続いての入院日記シリーズ、
う~ん、キリもいいことだし6月中はこれでいこうかな。

手術後外科病棟に運ばれてからが本当の入院生活となる。
しばらくは食事もできず、点滴生活となる。
ただ飲み物は次の日からOKとなったので、ほっとした。
入院につきものなのが、点滴や採血なのだが、
これには一つ困ったことが。
実は私fujitaka_1、

血管がなかなか出ないタイプの人間なのである。

だから点滴や採血の際は、
どこに挿すかで看護士の方々を少々困らせてしまうのだ。(ごめんなさい。)
何せ以前入院していた時に
研修医の先生だったかが採血か何かに来られた時に何と3回失敗して
別の先生に代わったことがあるほどである。(いやいや自慢にはならんか…。)
今回の入院では一度採血で2度挿したことがあったものの、
腕のいい看護士の方々により比較的すんなり済ませることができた。
それにしても点滴というのは
トイレに行くにもちょっと動くにも持って行かなくてはならず
何かと不自由である。自由に動けることの有り難さを痛感した時である。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-06-28 23:57 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4075958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 入院日記その4 入院日記その2 >>