果たして今、景気(経済)の動向は?

Excite エキサイト : 経済ニュース:日経平均が600円超す大幅安で引ける=東京株式市場

W杯で日本が勝っていたら日経平均も上がっていたのだろうか?
おっと、こんな「たら」話はこの辺にしておいて、
日経平均がここのところ下がり続けている。
一時上昇を続けており、このまま2万円突入かまで言われていたのが
まるで嘘のようである。
ご存知のとおり、まず日本の株価は海外に影響されやすい、
それは機関投資家の動向だったり、
海外の景気動向(雇用統計など)だったりと様々ではあるが、
かなり左右されている。
加えてこの半年、LD、そして村上ファンドなどが世間を賑わせてくれたおかげで
株式市場に対するイメージが悪くなり、
離れていくということがあるのかもしれない。
それにしても景気は「底打ち」とか雇用回復などが新聞に書かれていたような気もするが、
我が県では企業の夏のボーナス平均額が前年度比でダウンなど
景気が回復しているのを目の当たりにはできない状態である。
大都市圏だけの話なのだろうか?
これからは地方の時代とか言われているが、
実際は地方との「格差」が広がっているだけではないのか?
以前にも書いたことがあるが、
経済は理論どおりにいかないことがしばしばある。
それはまるで「生き物」のようである。
これからははちょっと真面目に、そして面白く
「生き物」としての「経済動向」を考えたくなったりした。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-06-13 23:49 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4022462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 水が滝・国道319号線(四国中央市) W杯日本初戦に思う。 >>