なかなか面白い取り組みだと思うのに!

体重で宿泊料金が決まるホテル、「差別だ」との声に経営者弁明 | Excite エキサイト

体重計に乗り、体重で料金が決まるドイツのホテル、
なかなか面白い取り組みである。
テレビ番組でもやっていた記憶がある。
体重計に乗ることを拒否しても上限は決まっているようだ。
これに対して、「差別」だという声が上がっているらしいが、
過敏すぎるというか、一体どこが差別なのだろうか?
ちなみに拒否している人は一人もいないらしい。
過敏になっていると、面白い取り組み・アイデアが潰されてしまい、
どこへ行っても一緒、飴に例えて言うならば「金太郎飴」のような
それはそれは詰まらない社会になるのではなかろうか?
(ちなみに「金太郎飴」は甘くて美味しいので念のために付け加えておく。)

話が逸れてしまったが、
こんなホテル、日本にも一つや二つできやしないものだろうか?

私も一度そのホテルに泊まってみたいものである。
ドイツなので遠すぎるが…。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-05-13 14:26 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/3902153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2強体制から3強体制へ! 何かと難しい作品の予感… >>