どおりで霞んでいたわけだ…

今日は一日雨だったが、
昨日は街全体が霞んでいて、視界も思わしくない状態であった。
まあ日中は仕事に出ていたので、さほど影響は受けていないのだが。
聞くところによると、どうも「黄砂」じゃないかとのこと。
そう言えば、ニュースでも出ていた。

Excite エキサイト : 社会ニュース:今年は「黄砂」の当たり年

そもそも「黄砂」とはどういうものか、どうやって発生するのかを
せっかくの機会なんで調べてみることにした。
以下、調べたものの要約、

黄砂の発生場所は、中国やモンゴルの砂漠、乾燥地帯。
そこで発生する砂塵嵐、台風のような強風で
砂や砂が舞い上がったもののうち、微小な砂のことをいう。
平均的な大きさは、0.005mmくらいらしい。
大体今の時期(3~4月)を中心に降るようだ。
そういや、前にも見たことあるなあ。

今年は発生場所の中国北部の昨夏以降の降水量が少なかったため、
黄砂の発生回数も多いとのこと。
身の回りで影響が出たとかはあまり聞いたことがないが、
発生具合によれば、洗濯物にたくさん付いたりとか、
車などにも付着するんだろうなあ。
付着量が多いと、なかなか落ちずに困ったりすることもあるかも?

「黄砂」と言えば、
今まで工藤静香の「黄砂に吹かれて」くらいしか思いつかなかったが、
(実はかつてカラオケで歌ってました…。)
「黄砂に吹かれて 聞こえる歌は♪」などと呑気に歌っているだけではなく、
自然現象についてちょっと調べてみるのも
たまには面白いかも?と思ったひとときである。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-04-11 00:05 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/3772945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 政経社会経営歴史評 つら.. at 2006-04-19 17:22
タイトル : 中国から飛んでくる汚染物質!!黄砂
日本を覆いつくすように黄砂が舞っているそうですね。 黄砂というのは、スギ花粉よりも小さいので、花粉症用の微細なマスクでないと防げないそうです。 しかし、この黄砂とっても迷惑なものになってしまったらしい。 ... more
Commented by 船員28号 at 2006-04-12 00:10 x
 こんばんは。愛媛にも黄砂、飛んでくるんですね。この時季、北西の風に乗って飛ばされてきた黄砂が、観潮船の屋根やデッキに付着していることがよくあります。中国からこんな所まで、と驚きます。黄砂は、ホースで水を飛ばして落としています。デッキブラシでこすらなくても、水圧で大体落ちます。洗濯物に付いたことはありませんが、もし、干してある洗濯物が黄砂でまみれていたら、二度洗いですね…。
Commented by fujitaka_1 at 2006-04-12 00:57
船員28号さん、書き込みありがとうございます。
中国から飛んでくるのは、自然の力とは凄いものだと
私も思っています。もちろん中国は影響が大きいそうです。
船の掃除も大変そうですね。
今年は当たり年らしいですが、さてさてどうなることやら。


<< 訪問者数1万人突破! とりあえず、桜撮りました。 >>