小学校から英語必修??

またまたニュースからの引用である。
Excite エキサイト : 社会ニュース

いや~、公立小でもこんなに英語教育が導入されているとは驚きだ。
93.6%なんてほとんどじゃないか!
多分我が母校でも実施されていることだろう。
今の段階では総合的学習の時間にゲームや歌、
あるいは簡単な自己紹介といった程度であるが、
何でもこれから英語を必修教科とする方向で検討するとか、しないとか。
自分の時は授業としてあったのは、中学校に入ってから。
習いだしたのは、その1年前の小学校6年の時に塾に通いだした時だった。
今でも何かと新もの好きな自分であるが、
その当時、Ⅰ have a pen.Do you have a pencil?とか
次々と出てくる単語・文法に妙にわくわくしたものである。
将来の小6・中1当たりになると、きっとこんな感動もないんだろうな。
もう既に習ってるよ!なんて突っ込みがあったりして。
それより、英語教育、
確かに早い方が身につきやすいのかもしれないが、
小学校の1年からというのはちょっと時期尚早という感がする。
英語は中学以降も十分に時間があるわけだし、
(学習方法に問題があるとは言われているが…。)
他の科目や道徳などなど、パッとは思いつかないものの、
何かもっと学ぶべきことがあるような気がするのは
私だけではないはずである。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-03-17 23:32 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/3670589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 携帯電話市場、これからどうなる? 久々の鉄道ネタで… >>