映画「県庁の星」を観て…

c0034228_23564033.jpg

2月25日(土)から上映されている映画を見に行った。
場所はおなじみ市内の映画館、「TOHOプレックス」。
休日の昼とあってか、結構な人出である。
映画の要旨は、
県庁で働くエリート係長野村(織田裕二)が、
民間企業との交流人事により地元スーパーに研修に行き、
そのスーパーで繰り広げられる出来事を通して、
様々な人間模様を描くというもの。
パート店員二宮(柴咲コウ)とのやり取りがなかなか面白い。
結構うちの職場にもにもありそう、なんてうなずくシーンあり。
ちなみに原作も読んだが、
映画の方が原作の前半部分をコンパクトにまとめている分、
原作にはなかったと思われる後々の展開がなかなか面白い。
「組織、制度を変えても改革なんてならない、
人の意識が変わらないといけないのだ。」というセリフ。
確かに組織、制度が変わっただけでは
根本は変わらないどころか、
余計に仕事がしにくくなったり、衝突が起きたりするものだ。
人の意識は内面にあるため、
とかく変わらないというのが
自分を含めて周りでも多かったりするが、
何かきっかけを掴んで、またそうでなくても長い時間をかけて
「意識」を時代にあわせて変えていくことが大事なんだな、と思った作品である。
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-03-05 00:09 | 雑感 | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/3611440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from たにぐちまさひろWEBLOG at 2006-03-05 09:16
タイトル : 県庁の星
“昨日初めて冷めた弁当を食べてみました。”(野村) “見てんじゃねえよ。何つったんてんだよ!早く手、洗・つ・て!”(浜岡) 織田裕二&柴咲コウ主演の“県庁の星”を観てきました。 民間派遣研修として、地元のスーパー“満天堂”へ派遣された野村は、鼻持ちならないエリート臭から、派遣先で完全に浮いている。教育係のパート店員二宮にも見放され、お客様からの苦情も絶えないことから、売り場から見えない場所へと、弁当を作る厨房へ配属。しかし、ここでも、手洗いの貼り紙の「手を洗て」に“っ”が抜けてるなど細か...... more
Tracked from |あんぱ的日々放談|∇ ̄.. at 2006-03-05 18:02
タイトル : 『県庁の星』舞台挨拶@日劇1
織田裕二・柴咲コウ出演『県庁の星』の舞台挨拶に行ってきた。客層は9割以上が30〜40代女性。苦手な香水の香りがあちこちから漂って来る。。。いくらつけたところで、その香りは舞台上の織田裕二までは届きませんから(爆)まずは舞台挨拶の模様から。恒例?になった「暗が....... more
Commented by さすが!またまたUP↑ at 2006-03-05 20:15 x
組織も制度も、作るのは人。また、運営していくのも人です。
人の意識が変わらなければ、何も変わらないし、変われば、大きく変化していくものですね。
DVDが出たら、見てみようと思います。
Commented by fujitaka_1 at 2006-03-05 23:38
さすが!またまたUPさん、書き込みありがとうございます。
変化・改革は言葉では好きと言えども、
内心は好まない人が多いと思われます。
だって変わらない方が楽ではありますからね。
でもそれじゃどこかでひずみが起きてくる…。
まあ兎にも角にも明日からまた組織にもまれます…。
Commented by 船員28号 at 2006-03-07 20:44 x
 こんばんは。fujitaka_1さん、映画観られたんですね。主演の織田裕二さんと言えば、「踊る~」で演じたノンキャリアの青島刑事のイメージが強いですが、今回はエリート公務員と、同じ官でも考え方の違う役でしたね。そんな主人公が、民官の違いを自覚し、本当に大切なものを学び、それを再び県庁で生かすことができるか。原作では、ラストに成長した主人公の姿が描かれていますが、映画ではどうなのでしょうか?まだ観てないので楽しみです。
 後、組織を変えるには、組織内の人一人一人が、変えられるのではなくて、自分が変えるんだ、という自覚を持たなければ難しいと思います。でも、主人公野村は最後にその自覚を持った一人になったんだと思います。まだ小さな変化かもしれませんが、変革はそこから始まるんだと思います。
Commented by fujitaka_1 at 2006-03-07 22:27
船員28号さん、書き込みありがとうございます。
あまり言うといけませんが、
映画の方が後半部分に力を入れていて期待できると思います。
「変えられる」ではなく、「変える」、いい言葉ですね。
そして何よりもただ待っているだけではなく、
自覚を持たないといけないということを思い知らされました。


<< 久万スキーランド(上浮穴郡久万... ついに?やっと?縁や(まつちか... >>