市町村合併が進んで…

c0034228_22591615.jpg

先日香川県を訪れた時に、新市が誕生していて
標識が変わっていたのを思い出した。
市町村合併については、
そういや、昨年の4月頃も似たような記事を書いていた。
市町村合併の影響
四国でも平成15年あたりからどんどん合併が進んで、
今なおその動きが続いている。
しかしながら四国内各県のホームページを見ていたりすると、
この年度末でひとまず落ち着きそうな感じだ。
実は市町村の境界に設置しているこの看板に注目してもう3年が経とうとしている。
当初何気なしにドライブしていた道で、
「この看板も無くなるのかな…。だったら記念に残しとこかな。」なんて
軽い気持ちで始まった四国内市町村境界写真撮影。
さすがに四国内全ては回りきれていないものの、
残しておいて良かったなと思っている。
さすがにこのブログでは載せきれないので、
別にホームページを作成している。
下のリンクをクリックすればご覧になれると思うので、
時間がある時にでものぞいていただければと思う。

町を探る~市町村の境界看板~

さて、合併が落ち着いたら合併前後の比較なんてしてみるのも
面白いかもしれないと思う今日この頃である。
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-01-11 23:10 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/3362676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mike at 2006-01-12 22:27 x
こんばんは。合併どんどんすすんでここらへんで落ち着いたかなって感じですね。でも、新居浜市のような吸収合併みたいな規模なら影響ないけど、あまりに広い範囲だと、土地勘がつかないっていうか。。
たとえば西条市に目的地があるっていわれても旧西条なら近い気がするけど、丹原とかの方のことなら遠いとこだし。市民サービスとかもどうなんでしょうね。
Commented by fujitaka_1 at 2006-01-14 00:28
mike-64さん、書き込みありがとうございます。
確かに市域が広くなることの戸惑いはまだあるでしょうね。
南予あたりの人の話でも同様のようです。
西予市でも三瓶と城川じゃ全然別方向ですもんね。
市民サービスはそこそこ均等に受けられるような気がしますが、
住民同士の一体感なんてものはどうなのかなと思います。


<< そういやインフルエンザが… アクセス解析 >>