食べものついでに…

c0034228_2321521.jpg

先日紹介し忘れたもの。
途中で寄った大洲市肱川町にある道の駅、
「清流の里ひじかわ」にて購入の「歌麿大判焼」である。
歌麿とはあるが、中身は至って普通の大判焼である。
江戸時代の浮世絵師、喜多川歌麿の版木が
肱川町で発見されたことから付けられたんじゃないだろうか?
現に「歌麿館」なんてものがあるようだ。
ちなみに風の博物館には行ったことがある。
話を戻して、
歌麿大判焼は、1個100円(だったと思う)で、あんとよもぎの2種類がある。
店の看板に「歌麿大判焼、はじめました」なんてあるが、
私もうだいぶん前にも買ったことあるんですが、
いつまではじめましたと言えるものであろうか?(笑)
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-11-14 23:10 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/3067396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 未来 at 2005-11-15 00:13 x
大洲は12月に行く予定があります。
朝もやに車を置いて、近場(おはなはん通り、ポコペン横丁、赤レンガ館)
をレポする予定です。
お土産何買おうかな?
羊羹のような。。。ういろうのような・・なんだっけ?有名ですよね?
魔法のケーキとかも、雑誌に載ってましたよ。
Commented by fujitaka_1 at 2005-11-15 20:53
未来さん、書き込みありがとうございます。
大洲は、昨年復元でニュースにもなった大洲城と
近くの「臥龍の湯」(温泉)には行きましたが、
あとの近場の施設には行ったことがありません。
是非是非レポートを期待しています。
あと魔法のケーキも聞いたことがないので、
ご紹介をお願いしますね。


<< 白猪の滝にて(東温市) まるごとバナナ >>