本の紹介(1)「超」勉強法からセカチューまで

読書週間中でありながらほとんど本の紹介ができなかった。
昨日までだったのたが、今までに読んだ本、
もしくは今読んでいる本も含めて紹介したい。
まずは、
c0034228_2340254.jpg

野口悠紀雄著、「超」勉強法である。
大学時代に当時大して勉強していなかったくせに
名前に惹かれて買った本。
当時話題にはなったはずである。
読んでみると
まず全体を理解し、興味ある分野を勉強する、
基礎にこだわらず、いきなり進む「パラシュート法」など
コツコツ型、一歩一歩進む勉強法とは
一線を画した「超」勉強法が書かれてある。
主な科目の勉強法から暗記法、受験法まで書かれてある。
氏の言葉を拝借すれば、
「学習行為は、あらゆる知的活動の基礎となる」のだから、
我々はもっともっと勉強しなければならないのだ。
ちなみに「超」英語法という本も出されている。
c0034228_23403651.jpg

次は英語の本2冊
共に日本の歴史・文化・名所・自然・生活習慣などが英語で紹介してある。
「日本Q&A」は、政治・経済についても結構言及している。
ただこちらは対訳が付いているので、そちらに頼りがち。
キーワードとなる単語は別として、少々分からない単語があっても
ある程度類推して読む力を付けないと
読解力の向上にはつながらない。
まだ途中までしか読んでないので、最後まで読まなければと思い出している。
c0034228_23393537.jpg

片山恭一著、「世界の中心で愛を叫ぶ」
通称「セカチュー」である。
映画を見に行く機会がなかったので、原作本を購入。
こちらもベストセラーになったんだっけ?
ほぼ一気に読んだが、
自分は到底経験していないような青春が描かれており、
ジーンとくるところもあるが、
こんな青春もあるんだなあと思い起こさせる1冊である。
ちなみにロケ地の庵治町には行った。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-11-10 23:57 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/3045621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 本の紹介(2)電車男から鉄道駅... 徒然と… >>