誕生日には年を取る、それって悲しいことでしょうか?

タイトルのようなフレーズで始まるCMが最近放映されているが、
今日、いや、もう昨日になってしまったか!
誕生日を迎えた。ついに30代の仲間入りである。
遥か昔の孔子の言葉に「~30にして立つ、~」というのがあり、
30にして自立を意味するが、
果たして自分は自立できているだろうか、一瞬考えさせられる。
職場、私生活、一人の人間としてまだまだ甘い部分もあると思う。
それでも後悔ばかりしていても仕方がない。
後悔先に立たずとは、よく言ったものである。
これからも常に自問自答しながら、
しかし寂しい気持ちに鳴るのではなく、
少しでも愉快に年を取っていきたいものである。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-10-30 00:33 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/2976132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< SL讃岐路義経号(予讃線 高松... 本紹介~さおだけ屋はなぜつぶれ... >>