秋の夜長に…

「本を読んでる君が好き」、
このフレーズを聞いたことがあるだろうか?
それは秋の夜長に行うのに最適なことに関するものである。



答えは、今年度の読書週間の標語である。
読書週間とは、毎年10月27日~11月9日の2週間とされ、
日本の国民的行事として定着している。
そういや、本屋でも「読書週間フェア」みたいなことをやっているのかな?
本は、まあ読む方ではないかと思う。
社会人になってからはさすがに量も減っているとは思うが、
それでも小説などの文庫本、エッセイ、ドラマの原作本など
様々なジャンルを読んでいるのではないだろうか?
読書週間にちなみ、
ここでも今まで読んだ本の中から
印象に残っているものを中心に紹介することとしたい。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-10-27 22:39 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/2964458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by せいき at 2005-10-27 22:45 x
まだ、かいてないんよ。
Commented by fujitaka_1 at 2005-10-27 23:33
せいきさん、訪問ありがとうございます。
ブログ、拝見させていただきました。
隧道の写真があったじゃないですか!
私も県道や国道の隧道をたまに通りますが、
どきどきしますね。
近くでは、四国中央市の法皇隧道(法皇トンネル)が有名です。
1663mの長さで途中待避所があるものの、
ほぼ1車線のところが多いです。
いつも冷や冷やしながら走っています。
それでは、今後ともよろしくお願いします。


<< 本紹介~さおだけ屋はなぜつぶれ... 人間ドック、結果速報?! >>