自転車のチェーン

今日職場から帰る時に自転車に乗ったら
チェーンが外れていることに気が付いた。
朝自転車を倒してしまったので、その時に外れたのだろう。
雨の中合羽を着けたまま、自力で直した。
歯車にチェーンをかぶせる。
後で振り返ってみると自分も組織という「歯車」で働いている。
自転車でいうとチェーンの一端のようなものだ。
でも時には何か歯車から外れて自由になってみたいと思う時もある。
チェーンが切れてもいいじゃんと思うこともある。
だが、そうそう勝手の許されるものではない、
組織に身を置いている以上は、チェーンが円滑に回るよう
「潤滑油」のような役割を果たしていかないといけないんだとも思う。
自転車のチェーンからえらく話が発展してしまったが、
自分の心の中が葛藤した一時であった。
皆さんならどちらを選びますか?
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-10-06 00:33 | 雑感 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/2835392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2005-10-06 21:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 景気の循環、波 英子の日曜はだめよ >>