2016年を振り返る

早いもので、今年もあと数時間。
毎年のことながらであるが、12月は師走というだけあって、
月日の経つのが本当に早く感じる。
さて、毎年のことながら昨年の決意からの振り返り。
1年前の今日は、こんな文章で最後を締めていた。

>惑ってもいいが、安易に人に流されるのではなく、
>自分自身の感覚を大事にしながら、
 自分の考えを確立出来るようになりたいと思う。

去年は40歳を迎えたこともあり、
「不惑」をテーマに書いていたことを思い出した。
あれから1年、相変わらず惑ってばかりの日々ではあるが、
「一歩立ち止まって」考えることが、
仕事でもプライベートでも少しは出来た年になったのかなと思う。
清水寺で発表された今年の漢字は「金」であり、
あちらこちらで自分の今年の漢字を発表されている人も多いが、
自分にとっての今年の感じは何だろう。
もちろん「金」には縁遠く、さして大きな出来事も無かったこの1年、
強いて言うなら「平」といったところだろうか。
でも今年のニュース総集編を見ていて思うのは、
今年は自然災害や何かと事件の多かった年、
「平」でいられることの有り難さに感謝しないといけないと思う。
そして来年は今年よりは変化があるだろうと思う。

ところで自分の内面を見つめていて気になることが一つ。
好奇心というか、貪欲さの減退を強く感じる今日この頃。
動画再生回数が1億回を突破し、今年の社会現象の一つとも言える、
ピコ太郎のPPAP、
「I have a pen.I have an apple.apple-pen.♪」というフレーズは、
流行に疎くなっている自分でも幾度となく聞いたが、
あの動画を見ながら、もう約30年前になろうか、
英語を勉強し始めた頃をふと思い出した。
英語の習い出しは、「I have a pen.」の例文じゃなかっただろうか。
あの頃は、出てくる単語、文法全てが新鮮かつ珍しいもので、
とかく学ぼうという気にあふれていたことを思い出す。
今、この進取の精神、貪欲さがめっぽう無くなっていると痛感している。
そんな自分と向き合い、
意欲、貪欲、そして食欲も含めて、
「欲を持つこと」を一つの目標にしていきたい。

うん、文章にまとめるのは難しい。

今年1年本当にお世話になりました。
来年も引き続きよろしくお願いいたします。
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-12-31 20:30 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/26281601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


石村嘉成展~県美術館 >>