懐かしのクイズ番組~クイズ ヒントでピント~

クイズの話題が続くが、
久々に懐かしのクイズ番組について書いてみたい。
この番組は、男女それぞれ4人(5人かも?)が1チームになり、
早押しの対抗形式で行われる。
クイズはヒントとして出される画像、語句から
キーワードを当てるというもの。
2分割から始まり、4分割、16分割まであったと記憶している。
男性は写真家の浅井慎平とか小林亜星が早く答えていたかな?
女性陣はあまりはっきりと覚えていない。
この番組を見ていた頃は、おそらくまだ小中学生であったため、
ほとんど最後かその前くらいのヒントで何とか分かるかなくらいのレベルであった。
今ならもう少し早く答えられるかもしれない。

なぜ今日この番組について書く気になったかというと、
朝いつものように給湯室でお湯を入れていて
ふとポットを見ると象印のマークが入っており、
そういや「象印提供の番組あったなあ」とふと思い出したからである。
ちなみに一緒に入れていた人が持っていたポットはタイガー製であった。
二大メーカーの攻防は今も続いている?
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-08-25 23:34 | 思い出 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/2573434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< SLあそBOY(続編、ついに) クイズへキサゴン >>