舞姫

舞姫 森鴎外 著(角川文庫)
c0034228_20132620.jpg

先に読んだ、「やりなおし高校国語」で出てきて、興味をそそられる作品、
全文を読んでみたくなり、購入。
現代語訳版もあるとかないとかだったが、手に取った本は原文である擬古文。
昔の自分なら見た瞬間、「うわ、こりゃたまらん。」と買うのをやめていたが、
1つの作品自体はそんなに長くないことから、
1日2~3ページからでもぼちぼち読んでいこうと思った。
主人公である官僚太田豊太郎のドイツから帰国途中の船のシーンから始まり、
氏の生い立ちからドイツ留学時代の出来事への回想シーンに移り、
日本とは異なるドイツでの暮らし、エリスとの出会いで変わる自我の変化、
親友相澤とのやり取り、エリスと仕事との選択に迫られた末の葛藤、
短い物語ながらもなかなか濃く激しい内容だった。
印象に残ったフレーズ「貧きが中にも楽しきは今の生活、棄て難きはエリスが愛」
境遇は違うものの、こんなセリフ、一度でいいから言ってみたいものだ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-06-24 20:15 | 風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/25732496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 超辛口先生の赤ペン俳句教室 やりなおし高校国語 >>