八幡浜トレイルランニング レポート(その1)

だいぶん遅くなりましたが、備忘録程度に書き記したいと思います。

県内大会ながらまだ出たことがなかった大会。
今住んでいるところからだと、会場までそんなに遠くもないし、

「せっかくの機会、1回行っておくか。」

ということで、早々に申し込み。
トレイルの大会は徳島・美波町の千羽海崖トレイルしか出たことはなく、
若干の不安もあったものの、
コースは5kmのコースを2周の10km、
まあ何とかなるだろうと楽観的にとらえていた。

当日朝7時少し前に自宅を出発。
前日から雨が降っていたし、今日も雨模様の予報。
この時はコースがどうなっているとか予想もしていなかった。
松山~大洲間は高速を利用し、八幡浜市内に8時半少し前に到着。
前日に会場のあらかたの場所を調べておいたものの、
最後どう行くのかという不安があったが、
前の車もランナーのようで付いて行くと、
分岐点にもしっかりと案内の方がおられて難なく行き着くことができた。
途中寄り道しながら約2時間で到着した。
c0034228_21543082.jpg

グラウンドに駐車し、受付を済ませ付近を歩いていると、
心配していた雨が降り出した。
c0034228_2154414.jpg

「お昼くらいまでは何とかもってくれるのでは?」と思っていただけに、

少しテンションが下がるが、

こればっかりは仕方がない。


今日も雨中ランになりそうだ。
知り合いの人とお会いしてコースの話、
5kmのコースも2つの山に分かれていて、
3km+2kmという感じのようだ。
c0034228_2155133.jpg

そして途中にはかなり急な坂もあるとのこと。
そしてこの雨、一体どうなるのだろう。
準備を済ませ、開会式へ参加。
25回を迎えた由緒ある大会、コースの性格上、受け入れ人数は限られるが、
精一杯楽しんでほしい旨の挨拶があった。
c0034228_21552340.jpg

ちなみにここはマウンテンバイクのコースにもなっているようで、
国際的な大会も先日開催されたとのこと。
天候の都合もあり、10kmコースのスタート時間が25分早まって10時50分、
そして男女同時スタートに変更した旨のお知らせもあった。
その後は1時間以上時間があったため、
コースをちょっと見てみたり、知り合いのランナーと話をしたり、
先に出発する5kmの部のランナーを見送ったりして過ごしていた。
5kmの部のランナー、トップは25分くらいで帰ってきたのだが、
皆足回りが結構泥まみれになっている。
これはコースの影響だろうと思うが、

「さて大丈夫だろうか。」とますます不安になる。

そうこうしているうちにスタートの時間が近づいてきた。
以前出たことのある人からコースは狭いところもあり、
追い抜くのに苦労したという話も聞いたが、

「今日は抜かれることはあっても、

抜くことはほとんどないだろう。」


と思い、かなり後ろに陣取る。
コースも初めてだし、記録は意識せず、
まあゴールできればそれでよしと思っていると、スタートの号砲が鳴った。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-06-04 22:15 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/25672789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 八幡浜トレイルランニング レポ... カルコバでカレー >>