ダイヤ改正

3月26日のダイヤ改正のポスターをあちらこちらで見るようになった。
これまで「いしづち」で運用されてきた新型特急車両が
「しおかぜ」として、ついに瀬戸大橋を渡るようになる。
そして、「新アンパンマン列車」の登場。
8000系電車のアンパンマン列車が走るようになる。
また「撮り鉄」の楽しみが一つ増えた。
c0034228_208292.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-02-25 20:08 | 雑感 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/25341287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まいんど at 2016-02-29 19:42 x
東京の京急電鉄と相模鉄道ではアンパンマン列車を走らせず、代わりに京急・相鉄では美少女戦士セーラームーン、京急ではフレッシュ・ハートキャッチ・スイート・スマイル・ドキドキ・ハピネスチャージ・Go!プリンセス・魔法つかいの各プリキュアの電車を走らせるそうです(京阪と富士急との間で機関車のトーマスのラッピングの対決はあるがアンパンマンの対決は無く、1994年と1995年に京王帝都電鉄(現在の京王電鉄で、四国でも伊予鉄道には京王、高松琴平伝鉄には京王・京急出身の車両もいる)で8000系や今はなき6000系を使ってセーラームーンエクスプレスを走らせていたが、京急や相鉄がアンパンマン列車を走らせる予定はない(京王や相鉄の8000系は特急の他に急行や快速、各駅停車としても走っているが、京急や相鉄、京王の特急は通勤型電車を使用しているため、京急のウイング号・モーニングウイング号を除いて特別な料金はかからない))。
理由として、やなせたかしさんがなくなられたとかでアンパンマンの人気が減少していることと、アンパンマンのアニメで「顔がぬれて力が」というシーンがかつての京急1500形電車の脱線事故廃車や相鉄8000系電車の衝突事故廃車を連想させて不吉・不適切なことと、京急沿線にはアンパンマンがきらいでセーラームーンやプリキュア、相鉄沿線にはアンパンマンがきらいでセーラームーンが好きな人が多いためです。


<< オレンジ色制覇! 龍馬マラソンその他写真 >>