高知龍馬マラソン2016 レポート(その1)

さて、いよいよ当日の記事。
だいぶん遅くなりましたが、備忘録程度に書き記したいと思います。

当日、朝6時前に起床、さっと身支度をしてホテルを出る。
前日までの雨も上がっていて、
天気予報によると気温がだいぶん高くなるようだ。
もうすぐ明るくなろうとする頃、電停までの道を歩いていく。
中心部から少し離れたところではあったが、ランナーとおぼしき人を見掛けた。
電停を乗り継ぎ、高知駅まで。
大会にも荷物預かりはあるものの、
大きめのバッグで袋に入りきらない分をコインロッカーに預ける。
車で来ていたらここまですることはなかったが、まあ仕方がない。
駅の喫茶店でモーニングを食べ、
さらに出てからあらかじめ買っていたおにぎりをいただく。
ここから会場までは歩いていける距離。
ランナーをかなり見掛けるようになっていたので、付いていくように歩いていく。
予想外の好天に途中のドラッグストアで日焼け止めを購入。
初めて行く道だったが、会場の城西公園に難なく到着。
荷物預かりに出すべく、公園のベンチ付近で身支度をしたり、
スタート前のキャラメルでの補給をしたりする。
それにしても増えた参加者、

どこも人・人・人の状態だ。

スタート前の挨拶では、第1回の約3倍とか。
そりゃどこも人だかりのはずだ。
こんな人だかりの中でも、
昨日の夕食をご一緒させていただいた知り合いのランナーさんや
初フルマラソンに挑戦するという職場の先輩に会うことが出来た。
荷物を預けた後は、トイレを済ませ、ブロックごとの整列場所へ。
今回はCブロックからのスタートである。
ブロック内でも知り合いのランナーを見つけ、挨拶する。
まあまあ長いこのブロックでの待ち時間、
今日の天気が良かったのでまだ良かったが、
寒かったり雨が降っていたら大変だったと思う。
ブロックごとに移動してグランド通りへ。
開会式セレモニーがあり、だんだんとスタート時間が近づく。
3度目の出場で過去2回はサブ4を達成している大会、

「2度あることは3度ある。」

と密かに期待を持ちつつも、
今日は過去2回ほどのスピードは出ないかもしれないが、
最後まで走り切りたいと思っていると、スタートの号砲が鳴った。
参加者数の多さもあり、スタートゲートまで行くのもなかなかだ。
それにしても沿道にはずらりと人が。
沿道の声援も年々賑やかになっていると思う。
はりまや橋交差点、昨日泊まったホテル付近の交差点を通過し、
国道32号線を一路東へ進む。
それにしても早くもかなりの汗、長袖を着ていたが腕をまくる。
今日の気温が高い証拠である。

今日の天候だと、半袖でも良かったかなと考える。

時間はまだ9時過ぎで曇り、
これから日中にかけてどうなるんだと若干心配になる。
序盤とあって、この辺りでは知り合いのランナーにお会いすることも多い。
先週の愛媛マラソンから2連戦という人も多く、タフだなあと思う。
前回も立ち寄った序盤のトイレに寄っていくことに。
何とか並ばずに済ませることが出来た。
序盤の混雑はあるかもしれないが、
平坦な部分のこの辺りでもスピードが出ていないことを痛感する。
気温が高いとはいえ、前回はこの辺では向かい風が吹いていた。
その分今日はまだ走りやすいコンディションだ。

積極的な姿勢がどうも出ていない。

でも前を行く知り合いのランナーに付いていこうとしても、
付いていけないくらいになっていた。

「給水所以外では歩かない」

ことがまず第一の目標、
タイムはサブ4がもうこの時点で厳しく、
4時間シングル分でどうかなという感じだ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-02-21 22:08 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/25326896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 高知龍馬マラソン2016 レポ... 軽く、前夜祭 >>