人間の分際

人間の分際 曽野綾子 著
c0034228_20533459.jpg

「分際」というと、
「○○の分際で~この野郎~!!」というように
使うことがあったりするが、
「身の程、それぞれに応じた程度」という意味を指す言葉である。
本の中で、人は誰もが誰かを傷つけながら生きている、
きれいな生き方などないという趣旨の言葉が印象に残った。
人と人とが触れ合う以上、どこかで摩擦は起きるものだし、
誰とでも仲良くなんてことは現実社会では無理な話。
誰もがストレスを抱えながら生きているものだと思う。
それは年を取っても多分に変わらない話。
人生後半は負け戦、
これから年を取っていくに当たり、
いつも意識しているのは難しい話ではあるが、
時に本に書かれていた言葉を振り返る機会を作りたいものだ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-01-21 20:54 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/25209829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 臨時列車 「火花」・「スクラップ・アンド... >>