下流老人

この「読書」シリーズもブログのカテゴリに加えて
何度か書いたのはいいものの、一時のサボりがすっかり長くなっている。
年末年始にかけて読んだ本をはじめ、ぼちぼち紹介していきたい。

「下流老人」一億総老後崩壊の衝撃 藤田孝典 著
c0034228_20394969.jpg

新年第1回目の紹介は、社会問題に関する本から。
昨年話題になった本の一つでもある。
「老人」と書くとまだ少し先の話に聞こえるかもしれないが、
時の経つのは実に早いもの。

ゆっくりかもしれないが、

現に一歩一歩近づいているのは確かだ。


ちなみにこの本の著者の藤田孝典氏は自分より7歳も年下だ。
本書では、下流老人の定義、現実、社会システム・福祉制度の問題から
自己防衛策、一億総老後崩壊を防ぐためにと題した提言などを紹介している。
読んで感じたことは、
この「下流老人」の問題は、決して他人事ではなく、

誰にでも起こりうる問題であること。

高齢者になるにつれて、リスクを抱えるようになること。
(今が良ければすべてよしなんてことはなく、
今の状態がずっと続くわけでは決してないこと。)
「お金」ももちろん大事であるが、
本でも紹介していたように

人間的な豊かさ、

人とのつながりを大事にする必要があることである。


もちろん、この本の全てに賛同したわけでもなく、
最後の福祉政策に関する提言のところで、
「それは現実的にどうなのかな。」と思う面もあったが、
今の社会、そして超高齢社会が進行し、
将来もっと大きくなるであろうとされる問題の一端に
触れることが出来た一冊であった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-01-16 20:56 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/25190361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 愛媛マラソン近づく 長浜志ぐれ >>