坊っちゃんランランラン レポート(その1)

すぐ書いて載せようと思いながら、ここまで来てしまいました。
だいぶん遅くなりましたが、備忘録程度に書き記したいと思います。

この大会は、県内ではメジャーな大会の一つで参加者もかなり多い。
2年前も出ようとしたことがあったが、
ハーフの部の申し込みが締め切られており、
やむなく10kmの部に出場したことがある。
あれから2年、今度はハーフに出られるかなと思ってエントリー画面を開くと、
午前の部・午後の部に分かれていた。
午後の部でもゆっくりできて良かったが、
ここは「地の利」を生かして午前の部に申し込みをした。
ぼちぼち大会には出ていたものの、
ハーフは4月のまつの桃源郷マラソン以来。
「さて、どうなることやら。」と思いながら当日を迎えた。
当日、朝7時過ぎに自宅を出発、
途中コンビニに寄った後、国道56号線をひた走り、
会場である松山中央公園周辺で左折する車で混雑する。
ここからはもう流れでいくしかない。
敷地内に入り、適当な駐車場に駐車し、受付をすべく会場へ急ぐ。
c0034228_21575042.jpg

受付を済ませゼッケン取り付けをしようとするが、
いつもの安全ピンではなく、プラスチックのゼッケン止めである。
c0034228_21573553.jpg

初めてで一瞬戸惑うが、見よう見真似で取り付け、
スタート地点のあるマドンナスタジアムへ。
時間があったのでスタジアムの周りをアップがてら走っていると、
知り合いのランナーさんに出会う。
最近連戦でフルに出られており、もう別世界の人である。
今日はぼちぼちいくとのことだが、

これまでの実績からすると、

ぼちぼち走られるというのは怪しい(笑)。


その後は、開会式の様子をスタンドから見つつ、
c0034228_21581091.jpg

これまた少し走ってトイレを済ませ、
スタジアム内に設けられたスタートゲート付近に行く。
もう多くのランナーが集まっていた。
以前の10kmでも実感しているが、序盤は混雑でなかなか走れない。
スピードを意識し過ぎてもいけない、
一定のスピードで走り続けようと思っていると、スタートの号砲が鳴った。

9時30分、マドンナスタジアムをスタート、
午前の部・午後の部と分かれていてもランナーが多いことには変わりなく、
スタート直後はなかなか進めない。
ようやく進みだしたかなと思うも、スタジアムを出てしばらくのところ、
土手に上がるところで再び立ち止まる。

まあ仕方がない。

ちょっとした隙間を見つけては、
前を行くランナーを抜こうと何度も試みるも、
こうも固まっていれば、なかなか思うようにはいかず、
ランナーの流れに遅れないようにしっかりと付いていくだけだ。
中央公園の敷地西端を回って、
以前出た時(10km)は橋を渡っていたことを記憶しているが、
今回すぐには渡らずに北側の道を道なりに走る。
しばらく走ると、今年3月に供用を開始した
自動車専用道路の傍を走っていることに気づく。
早くも速いランナーが折り返してくる。
さほど長くはないのかと予想はしていたが、

「あれ、第1折り返しまでこんなに短かったかな。」

と一瞬思ったほどだ。
と言っても、結構先を走っているランナーがまだいる。
基本的には同じ道を行く人、折り返す人とが中央部分で分かれてという感じだが、
時折行き専用、帰り専用の道があり、幅ができるので、ペースを上げられる。
ちょっとした上り下りを除いては基本的には平坦な道、
思った割には長かった第1折り返し地点を折り返す。
スタート前、

「今日はシャツ1枚では寒いかな。」

と思いながら走り出したが、
ここまで来ると汗もしっかりかいており、

その心配は杞憂に終わる。

第1折り返しを通過し、来た道をひた走る。
少しは集団はばらけてきたのかなとも思うが、
まだ固まっている部分がかなりある。
走る向きが変わって、向かい風を感じるようになる。
途中で給水所が設けられており、水をいただく。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-12-17 21:48 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/25074406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 坊っちゃんランランラン レポー... イルミネーション >>