感情的にならない本

感情的にならない本 和田秀樹 著
c0034228_21483994.jpg


精神科医である著者の話題の本。
学生時代、受験勉強に関する本が本屋にあったのを見ていたので、
てっきり受験の方面の人かと思っていた。
本を手に取った当初は、「感情的にならないことなんてあるのか?」と、
疑ってかかっていた。
感情的にならない、とは言っても人間は感情の生き物。
全く感情的にならないということは出来ないが、
「上手く感情的になる」ためのコツが書かれていた。
特に印象的だったのは、

「白と黒との間のグレーゾーン」

というフレーズ。
どうしても白黒はっきりさせておきたい、
いや、はっきりさせなければいけないくらいに思っていた自分にとっては
目からうろこが落ちるくらいのフレーズ。
これが必要以上に感情的にならないコツなのかもしれない。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-09-08 21:49 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/24658417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 人間失格 結果を出せる人になる!「すぐや... >>