SLあそBOY&彗星

どちらもあと少しでその姿が見えなくなってしまうものである。
SL「あそBOY」は、機関車の老朽化により8月28日で引退、
寝台特急「彗星」は、利用客の低迷により9月末で廃止される。
SL「あそBOY」は、一度阿蘇~熊本間を乗車したことがある。
予約はしていなかったものの、当日窓口で運良く指定券を買うことができた。
立野駅でのスイッチバックの姿は展望車で多くの鉄道ファンに混じって見たものである。
何といってもとかくスピードが求められる現代社会の中で、
ゆっくりとしたスピードで時に蒸気を上げながら雄大に駆け抜ける姿は
忘れ去られた心のゆとりを取り戻してくれるかのようだ。

寝台特急「彗星」は乗ったことが無いが、
やはり航空機や新幹線に利用客を奪われているのだろう。
私もよっぽど時間が無い限り、寝台特急に乗って
「ガタンゴトン」と揺られながら行こうという気にはなれない。

時代の流れとはいえ、ちょっと寂しい気もする。
そもそも何でも時代の流れと片付けてよいのだろうか?
引退前に一度機会があれば乗ってみたいものである。
(予約で一杯の可能性も十分あるが…。)
ちなみに寝台特急「彗星」は、別府から立席特急券で乗れるらしい。

またまた話が飛ぶが、
職場の某先輩「東京発以外のものは寝台特急と認めん。」なんておっしゃってましたが、
東京発以外も結構あるんで、そんな厳しいこと言わずにいろいろ見てください。

写真は載せることのできるようなものがないので、割愛します。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-08-08 00:17 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/2453740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from デジカメ撮影日和 at 2005-08-11 02:34
タイトル : さようなら SLあそBOY
復活17年目・・・・・最期の夏 【1】 TKU NEWS Topic News-No.20050621-12 『SLあそBOY』8月廃止に 行楽シーズンの阿蘇を支えた観光の目玉、JR豊肥線の蒸気機関車『SLあそBOY』が姿を消すことになった。これは21日、福岡で行われたJR九州の定例会見で明らかになったもので、JR豊肥線の熊本~宮地間を走る『SLあそBOY』を今年8月に廃止することが明らかになった。廃止の理由についてJR九州はここ数年、老朽化からくる故障が相次ぎ、またSL車両単独で...... more


<< 黒沢(くろぞう)湿原の様子…文... 水がどうも出にくいと思ったら… >>