平和の尊さを考える

今日8月6日は、広島原爆の日、
70年前の今日、午前8時15分、この地に原子爆弾が投下され、
尊い命が犠牲になった。

約1年半前に所用で広島を訪れた時に、原爆ドームに立ち寄った。

(以前の記事)平和を思う(2013年11月28日投稿)

あの時、原爆ドーム周辺は、多くの人が訪れていたにもかかわらず、
時間が止まったような静けさの中にあった。
自分を含め、写真を撮っている人も多くいたが、
それでもここを訪れた人は、
自分が見た限りでは、一度は静かに手を合わせていた。
もちろん、自分もひとときではあったが、
今ある平和に感謝を込めながら手を合わせたことを思い出す。

もうあと少しで今日が終わろうとしているが、
今日くらいは静かに、けれど厳かな気持ちで、
今ある「平和の尊さ」に感謝することを意識していたい。
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-08-06 22:17 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/24520804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< わずかながら、日が短く… まんがで読破 資本論 >>