まんがで読破 資本論

図書館でぶらぶらしていると、つい目の前にあった本。
何だか興味がそそられ、そのまま借りてしまった。
資本主義の形成過程、価値、貨幣などの概念について
ストーリーでわかりやすく解説。
学生の頃習ったことなんかも何となく思い出した。
漫画本を侮るなかれ!!
c0034228_20503674.jpg

しかし、この資本論がらみで思い出すのは、
大学1年の時の「長老」と呼ばれていた教授の授業。
夏休みには、課題としてエンゲルスの本を読んで、
それがレポートか試験にも出たんだったかな?
で、結局のところ、単位を落として次の年に別の先生の講義で取ったのも
今となっては懐かしい思い出だ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-08-03 20:52 | 読書 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/24507711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from fujitakaのぼちぼ.. at 2015-09-08 21:44
タイトル : 果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方 
まんがで読破 資本論(2015年8月3日投稿) 結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方 茂木健一郎 著 テレビ番組等でもおなじみの脳科学者、茂木さんの本。 新聞下段のお勧めの本で紹介されており、 何か刺激になりそうだと思って買ってみた。 読み終えて、改めて目次をめくりながら印象に残った点を記しておきたい。 「脳の脱抑制」 「~しなければならない」「その前に~」 気がつけば枠にとらわれていないか。飽きっぽい人は伸びる可能性がある。 「脳の意味付け」 ただやって...... more


<< 平和の尊さを考える フローズンラテ >>