砂の女

砂の女 安部公房 著
今流行の本から距離を置いた、
いわゆる「純文学」と言われるジャンルの本を読んでみたくなり、
ネットで検索していたら、この本を挙げている人が結構いたので、
買って読んでみた。
c0034228_2224313.jpg


砂穴にある一軒家に閉じ込められた(?)男と住人である女、
一軒家のある部落の人などを巻き込みながら繰り広げられる物語。
世界20数か国にて翻訳された本でもある。

読んでみて、・・・
砂を見ると、いや、
たくさんの砂があるところを想像しただけでちょっと怖くなった。
それにしても本を読みつつ、そこに描かれている情景を想像するが、
なかなか想像し難い。
砂と言えば、近所の海の砂浜か、
もっとあるところでは鳥取砂丘くらいしか思い浮かばない。
鳥取砂丘の山の下の方に家があるような感じだろうか?
それにしても、
こんなところに家が存在するのはちょっと現実ではないはず。
砂に塗れた家から何とか抜け出そうとする男の行動や心理、心の葛藤、
そして終盤にかけての心境の変化を理解しつつも、
自分が同じ立場なら、
果たして同じ行動を取るだろうか、ふと考え込んでしまった。

純文学ということで難しい表現続出を予想したが、
思っていたよりはすんなり入ることが出来た一冊でもある。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-06-24 22:03 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/24306983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 超訳 日本国憲法 夜の西堀端周辺 >>