バリシップ2015(その5)

今回見学する新造船は、こちら。

って、上の部分が思いっきり切れているじゃないか!(笑)

バルクキャリア新造船(貨物船)である。
まずは階段をひたすら上って操舵室まで。
c0034228_20534425.jpg

その前に前の船ももうちょっと撮っておく。
c0034228_20535639.jpg

ちなみに船内は撮影禁止となっているため、残念ながら外観のみ。
それにしても「まあちょっと上がればすぐに着くだろう。」と
たかをくくっていたが、
まあ上る上る。しかもなかなか急な階段。

思いのほか、良い運動になった。

c0034228_20535147.jpg

ようやく操舵室まで辿り着き、船内設備の説明を受ける。
c0034228_2054291.jpg

説明の後、今度は階段をひたすら下り、エンジンルームでの説明の後、
外に出て、船の船首部分まで歩く。
c0034228_2054871.jpg

ほぼ外観
想像していたよりもかなり大きくて、
船のスケールの大きさをしみじみと感じたひとときであった。
c0034228_20541486.jpg

船を下りて、クレーンなど工場内部の様子も何枚か撮ってみた。
デッカい船を造るには、やはりデカい設備が必要ということも改めて実感。
c0034228_20542191.jpg

c0034228_20542628.jpg

帰りのバス
バス待ちの人がかなりいて、1便後の便で帰途についた。
c0034228_20543164.jpg

工場見学を通して、
船のスケールの大きさ、身近な暮らしとの結びつきについて
体感することができた一日であった。
新来島どっくでは、秋に開催される感謝祭で
先の記事の写真で紹介した自動車運搬船にも乗ることが出来るようなので、
機会があれば見てみたいものだ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-05-29 20:54 | 風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/24182181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ある日の夕焼け バリシップ2015(その4) >>