久々のうどん店新規開拓~須崎(三豊市)~

以前は時々行っていた、讃岐うどん店巡り。
ここ何年かは、行っても用事ついでに1軒とか2軒とかで、
ましてや新規開拓にはとても至っていなかった。
ちなみに以前の記事はこちら。

讃岐うどん~谷川米穀店(香川県まんのう町)~(2007年12月8日投稿)

讃岐うどん情報~根っ子(香川県多度津町)~(2008年7月6日投稿)

自分の中では、有名どころはもうだいぶん行き尽した感もあったが、
それでも行っている店は、全体からするとごくごくわずかなもの。
そして先日、久しぶりに自分の中で新規にうどん屋を開拓した。

三豊市にあるお店、須崎(すざき)。
数あるうどん屋の中でも、なかなかディープな感じのお店だとかいう評判。
今はネットでの情報も豊富であり、あらかたの場所はわかる。
国道377号線→県道23号線に入っていくのが一般的な方法と判断。
そこから先は、以前の記事にも書いた、
周りの雰囲気、人だかりなどから判断する
「うどん勘」で何とかなるだろうと判断した。
だがしかし、県道23号線を行けども行けども、
肝心のうどん屋が見えてこない。
大体うどん屋というのは、大きな道から1本中に入っていることが多いので、
途中で右折を試みてみたりするも、お店に辿りつかない。

う~ん、自分のうどん勘が

久しく行ってない間にここまで鈍っているとは

正直思わなかった。


もしかしたら早い閉店時間かもしれない、
ここは時間の勝負とのことで、ついに根負け。
道沿いのコンビニで店員さんに聞いた。
「看板も出てないですし…。」
「もしかしたらもう玉切れになっているかも?」という
アドバイスもいただきながらも、そこは

こうなったら何が何でも行かなくては!

という思いで一杯だった。
この思いを他のところに生かせよという意見が聞こえてきそうだな…(笑)。

アドバイスとおりに道なりに走り、ついにその店に辿りついた。
評判通り

なかなかのディープ感あふれるお店だ。

それにしても、ここは聞かないとわからないようなお店である。
c0034228_19365313.jpg

ここは食料品店兼製麺所。
さて、肝心のうどんを!
c0034228_1937044.jpg

玉切れを心配したが、何とかうどんにありつけた。
うどん大(冷)(320円)
「これぞコシあり!」という麺を味わえて、ここまで来た甲斐があったと思った。
玉子(30円)を絡めて食べる人も多い模様。
ちなみに玉子は自分で割って食べるようだ。
今度は玉子付に挑戦してみたい。
c0034228_1937635.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-05-24 19:37 | グルメな情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/24147501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< うどんとそばのコラボレーション... 美しい夕焼け >>