まつの桃源郷マラソン レポート(その3)

右折してしばらくは平坦な道、下りからのペースを出来るだけ落とさずに走る。
12km付近で給水、ほどなくして左折、
前にも書いたが、こうも曲がることが続いては、
初めての参加ということもあり、
距離感覚がさっぱり掴めないのが辛いところだ。
ただすれ違うランナーもいるので、またここを走るのだろうということはわかった。
橋を渡り左折して坂を上る。どうやらこの区間は一方通行のようだ。
それにしても7km付近の坂に続く上り、

正直走っているのがやっとだ。

それでもここはハーフ、

途中でそう簡単に歩くわけにはいかない。

沿道の桃の花がきれいだが、見とれているわけにはいかない。
この区間はアップダウンの繰り返し、いや、上りの多い区間だった。
再び同じ橋を渡り来た道を変える。
一旦国道まで出て、次はどう行くのかと思ったら、
基本的には来た道を帰るようになるようだ。
行きにも通った踏切通過、2度目も運よく列車にはかからず通過、
行きに下ったところを今度は上る。
行きは雨の激しさがやや気になっていたが、

もうさほど気にならなくなってきた、

と思ったら

雨はほとんど上がっている。

スタート前にどこかしらから聞こえてきた会話、
「最後の方はほとんど上り」、
もうあと3kmというところまでやって来た。
結構長めの上り坂、行きは確か下ったはずなのだが、もう覚えてない。
今は目の前に立ちはだかる坂を上らないといけない。
思うように走れてないとあって、
この時点でだいぶん足も疲れており、

ついに歩きが入ってしまった!

「このままではいかん。」


と思い立ち、再びゆっくりでも走り出す。
上りあれば下りあり、今度は長めの坂を勢いよく下る。
最後はまた新たな区間を走り、ゴールまで向かうようだ。

「ここからはもう坂はないであろう。」

と思うと少し気が楽になり、
あと2kmを切ったとあってラストスパートのつもりで走っていた。
角を曲がって役場のある松野町中心部を走る。
この辺りは仕事で何度か来たこともあり、見覚えがある。
沿道の人たちが声援を送ってくれている。
手を振って声援に応える。
少し前から雨は上がり、日差しを感じるほどに。
残り1kmというところ、だんだんとゴールが近づいてきた。
スタート地点が見えた。

おっと、もう無いと思っていた上り坂が最後に登場。

c0034228_21593422.jpg

歩いている人も見掛けたが、
最後の力を振り絞るように勢いを維持して上る。
c0034228_21593929.jpg

c0034228_220115.jpg

小学校の敷地内をぐるりと回り込むように走り、ゴール!

なかなかきついコースだった。

c0034228_2202563.jpg

ドリンクをいただき完走証を受け取りに。
1時間56分24秒、
今の走力からするとこんなものかもしれないが、
坂道でのスピードダウンが効いたのかもしれない。
その後は着替えをし、サービスのおにぎり・豚汁をいただいた後、
道の駅に寄って帰途についた。
c0034228_2203939.jpg

雨の中、アップダウンに富んだコースで走りがいがあった。
当面はゆっくりでも長く走れるようまた頑張っていきたい。

※いつもの調子のレポートをご覧いただき、ありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-04-16 21:42 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/23929049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< れんげ畑とつつじの花 まつの桃源郷マラソン レポート... >>