話題の著「21世紀の資本」

今年初頭から話題のトマ・ピケティ著「21世紀の資本」。
原著を読んでみたいなあと、書店に立ち寄り、
生で見たものの、あまりのぶ厚さ、
内容も難しさがひしひしと伝わってくるようで、
正直なところ、

「眠れない時に読むと良さそうだなあ(笑)。」

と思われる本だった。

そんな時に近くにあった入門書。
書店のランキングでは、こちらも結構上位に来ているらしい。
c0034228_22255879.jpg

「この本ならさらっと読めるだろう。」と意気込んでみたものの、
のっけからちょっと付いていきかねる。
r>gは、もうすっかり有名になった式であるが、
何か随分遠い次元の話のようで、なかなか頭に入らない。
「限界生産性」なんて、学生時代の授業で聞いた言葉が出てきたのは懐かしい。
うん、この流行にはどうも乗るのは難しそうだと感じた今日この頃。
でも、また気が変われば挑戦するかもしれない。

当面は、長編のこの本の読破を目標に読書に励みたいものだ。
c0034228_2227054.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-02-25 22:28 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/23570865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 鉛筆派 来来亭の味玉ラーメン >>