第53回愛媛マラソン レポート(その2)

今回から参加ランナー1万人とあって、
スタート地点に到達するまでにもだいぶん時間が掛かる。
早歩きに近い状態で到達した時には、
スタートから3分余り経過していた。
坊っちゃん列車の汽笛による激励を受け、大通りを走る。
大街道の次の交差点で左折すると、道が狭くなることもあり一層混雑する。

「国道に出るまではこのペースが続くだろう。」

と踏んでいたが、どうやらその通りになりそうだ。
もうすぐ平和通りという頃、
宿毛花へんろマラソン等で御一緒した「はなちゃん」を発見し、声を掛ける。
平和通りを一路西へ。沿道にはずらりと人が並んで声援を送ってくれている。
わずかながら時折前に隙間が出来てきたチャンスを見計らいながら、
若干ペースアップ。右折し、国道196号線へ。
学生時代住んでいた辺りを通る。当時とそんなに変わってない。
そうこうしているうちに、最初の給水ポイントが見えてきた。

「あれ、もう少し先じゃなかったかな。」

と思うも、こう人数が多いと、
給水のスペースも広く取らないといけないのだということを改めて思い知った。

「最初の給水は取っといた方が良い。」

というアドバイスを聞いたことがあったので、早速取って飲む。
中央通りを経由して北環状線に入る。
5kmのポイント通過、時計では31分台、

最初のロスタイムを考慮すれば、

そんなに悪いペースではない。


以前応援に来ていた時にいたポイントを通過、
今日は自分がそこを走っている。
国道196号線と合流、次の給水所は通過した。
北条バイパスに入り、前半の平田の坂である。
まだ勢いは十分あったが、
それでもここで勢いを使い果たすわけにはいかないので、
自分なりに目印を見つけながら、少しペースを抑えて上る。
8km地点通過後しばらくして下りが続く。
ペースは自然と上がるが、

ここも上げ過ぎは注意である。

細かなアップダウンを経て、10km通過、2か所のトンネルに入る。
トンネル入口で送ってくれていた声援が、
トンネル中にこだましていたのが印象深い。
坂を下って北条地域へ。
普段走っている時は、この辺りで向かい風に見舞われることも多いが、

今日は今のところ、追い風のお天気模様。

そろそろトイレに行きたくなっていたが、
同じことを考えている人も多いようで、
列が出来つつあったので、先へ行く。
周りの景色にさほど変化がなく、
一人で走っている時は苦しい区間ではあるが、
今日は多くのランナー、そして沿道の声援があるので、
何だか早く通過出来たような気分になっていた。
15km手前のフジ夏目店入口のトイレで用を済ませ、先へ行く。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-02-18 22:24 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/23529816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 第53回愛媛マラソン レポート... 第53回愛媛マラソン レポート... >>