第53回愛媛マラソン レポート(その1)

遅れ馳せながら、書いています。
思い通りにいかなかったレースこそ、自分を振り返る意味と、
今後に向けての課題発見のために記しておこうと思います。

(前日まで)
市民マラソン化から6年、愛媛マラソンの人気はうなぎ上りとなり、
気がつけば、

「出たくでもなかなか出られない」

大会になっていたが、
何とか当選。4年ぶりの出場となった。
コースは北条地域で一部変更があるものの、基本的には北条折り返しのコース。
昨年途中からこちらに転居したことに伴って、
コースを走る機会にも恵まれたため、

アップダウンを覚えるつもり

くらいの勢いで走っていた。
昨年11月末の瀬戸内海タートルフルマラソンでは、
坂に苦しんだものの、4時間10分を何とか切るタイムでゴール。

「あのアップダウン続きの小豆島よりは、

良いタイムで走れるだろう。」


と若干楽観視していた。
さて、この楽観視はその通りになるのだろうか。

(当日)
当日、朝6時過ぎ起床、身支度をして8時過ぎの電車に乗り込む。
前日受付をしていることもあり、
当日の朝は余裕を持ってゆっくり出られるのがいい。
8時半に松山駅到着、ここから歩いて会場に向かう。
着替えをしていたが、最終の準備をしつつ、知り合いのランナーと雑談をする。
今日は気温が低く、風も冷たく感じた。
心配していた雨だが、今のところはもっている。

「このまま走っている間も、

天気がもってくれればいいが。」


とは自分のみならず、ランナーの誰もが思ったはずだ。
手荷物を預け、辺りを散策した後、
仮設トイレに行くが、あり得ないくらいの長蛇の列!

「この列に並んでいたのでは間に合わない。」

と察し、
更衣室のある市民会館まで一旦戻る。
2階のトイレは、この日全て男性用トイレとなっており、
多少並んでいたものの、比較的スムーズに流れ、何とか済ませることが出来た。
Cブロックの後方に並んで、ふと横を見ると、
職場の後輩がいたのでスタート地点への移動前まで話をする。
じっと待っているより気が紛れていい。
その後はブロックごとに移動、以前出た時よりだいぶん後ろであることがわかる。

「まあいい。思い通りに走れないのは皆同じだ。」

この時点でスタート2分前、
「最後までペースを落とさずに走れれば4時間切れるかも?」という気持ちでいると、
スタートの号砲が鳴った。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-02-16 22:00 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/23517725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 第53回愛媛マラソン レポート... 伊予灘ものがたり >>