「骨のある」番組

大晦日なので、少し早目の投稿開始ということで。

もう随分前になるが、
テレビで巨泉の「クイズダービー」が一夜限りで復活したのを見ていた。
TBSの16年続いた人気・長寿番組で、
当時fujitaka_1も小~中学校時分ながら見ていた記憶はしっかりと残っている。
問題については分かる問題の方が圧倒的に少なかったが、
「はらたいらさんに全部」「三択の女王(竹下景子さん)」などの
名フレーズが生まれたのも懐かしい。
司会者の大橋巨泉さんは現在病気闘病中であり、年齢も現在80歳とのことであるが、
復活したセット・番組内での解答者、参加者との掛け合いは、

当時を彷彿とさせる絶妙なもので

感動を覚えた。


今の番組に比べると、
番組のセットや音楽はクオリティの高いものではないかもしれないが、
何だか司会者を中心に、
気骨というか、「骨のある」番組を感じさせるものだった。
今、数多くの番組の中で、こんな番組は少ないように思う。
テレビを巡る事情も当時とは変わってきてはいるものの、

「骨のある番組」と出会いたい

と感じたひとときであった。

追伸
一日限りの復活ついでに、
ロート製薬のあのオープニングも入れて欲しかったところである(笑)。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-12-31 15:00 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/23277600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 沖縄への旅(その1) 道後オンセナイト(その4) >>