道後オンセナイト(その4)

ふと本館に近寄って、掲示されているものを見ると、
どうやら4月から続いているイベント「道後オンセナート」の一環で

「霧の彫刻」、

本館が霧に包まれるという作品が見られるというのが、
あと少しで始まるようなのだ。
「これは何としても見ないといけない!!」と思い、
温泉近くの商店街を散策しながらその時を待つ。
そして、19時15分。霧が本館を包み、歓声が起きた。
もちろん人工的に作られたわずか3分間の霧ではあるが、
幻想的な世界がそこにあった。
c0034228_2224498.jpg

霧に包まれている間にも色合いは次々に変わる。
c0034228_2225164.jpg
c0034228_2225850.jpg

光の芸術を十分堪能した後、帰途についた。
c0034228_22362.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-12-28 22:11 | 風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/23267154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 「骨のある」番組 道後オンセナイト(その3) >>