瀬戸内海タートル・フルマラソン レポート(その2)

しばらく走っていると目の前にこれから向かう坂が見えてくる。
見た感じなかなか急坂だ。

「えっ、あんなに急だったっけ?」

先が心配になる。
「あまり先を見ない方がいい。」と思い、目の前の道だけに集中して走る。
坂は出来るだけペースを落とさないように注意しながら頑張って走る。
まだ前半だ。どこからか右側を速いランナーに抜かれだす。
10分後にスタートのハーフの速いランナーだ。
急だと思えた坂も何とか走って上り切り、
こんな調子で10km過ぎ、ハーフ折り返し地点までやってきた。
ここからはフルのランナーのみになるが、それでもまだまだ数は多い。
コースは相変わらずのアップダウン続きだが、上りが多くなっているのではと感じる。
コース図には現れてないようなちょこっとした坂も合わせると、

平坦なところが本当に少ないと感じる。

主には7つと認識していた坂も10以上は優にありそうな感じだ。
給水は基本5km毎だが、
それ以外にも地元の方々による私設の給水・給食があり、ありがたかった。
水分の他、果物やパンなどもいただく。
大坂城残石公園などが見え、島の北側もだいぶん来たという感じになる。
15km地点の上り坂、坂を下ってのエイドなど

2回目にして何となく懐かしい気分になる。

道なりに走ってそろそろ折り返しかなと思う頃、
大部の港手前でフェリー到着に伴う観光バスの通過のため、しばし止められる。

あらかじめ知らされていたのでまあ仕方がない。

1、2分くらいだったかな。
ただ、ランナーを止めることに注力されていたのか、再開のアナウンスがなく、
皆安全を確認しながらバラバラと先を行っていたので、
再開の誘導も欲しかったところである。
自分もバスが来てないなどの安全を確認し、先を行く。
小さなアップダウンを越えると、
見覚えのある風景ととともに折り返し地点が見えてきた。
知り合いのランナーと会うことも多くなり、エール交換をする。
折り返し地点通過、パッと時計を見た感じでは2時間をわずかに切っていた。
あわよくばのサブ4は厳しいが、

4時間台出来るだけ早くにゴールしたい

という気持ちはまだ残っていた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-12-20 22:15 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/23234283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 瀬戸内海タートル・フルマラソン... 瀬戸内海タートル・フルマラソン... >>