ブックカバー

普段はかけることのないブックカバー。
店員さんが「どういたしましょうか?」と尋ねた時には、
「あ、構いません。」とお断りをしているが、
とある日の本屋、何も言わずにかけてくれた。
趣を感じて、たまにはいいものだ。
c0034228_21425341.jpg

カバーに書いてあった印象に残るフレーズ。
「書店にたちよると、あなたを向上させる何かがある。」
うん、向上出来るよう頑張ろう。
c0034228_21425871.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-11-28 21:43 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/23135782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 西村京太郎 赤穂バイパス線の死角 愛媛あるある >>