街を歩いて発見(その1)

4月から北条に勤務しており、
赴任当初は列車で通勤していたが、
2か月ほど前から、ここ北条に住んでいる。
通勤時間はだいぶん短くなった。

通勤時分も時々北条の街の様子を紹介していたが、
住んでみて、よりきめ細かく回れるのではないか、
せっかく住むのだから、新しい発見もしてみたいということで、
とある休みの日の夕方、ぶらりと自宅近くを歩いてみることにした。

旧道沿いにある花へんろの街のPR看板
早坂暁さんの原作「花へんろ」の舞台となったことがきっかけ。
c0034228_2126103.jpg

歩道部分の狭い旧道を歩いていると、
ん?伊能忠敬って、あの日本地図とか測量で有名なあの伊能忠敬のこと??
ここ北条にも来ていた?
c0034228_21261652.jpg

訪れた人々の名が記されている。
車で走っていたら絶対に気が付かなかった石碑。
少し得した気分になった。
c0034228_21262263.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-11-04 21:32 | 風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/22966393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 街を歩いて発見(その2) 秋の深まりを感じつつ >>