宿題代行ビジネスに思う

夏休みも終わりを迎えるこの時季、小学生や中学生が頭を悩ませるのが、宿題や夏休みの研究です。しかし、近年は、宿題や研究に悩む子に代わって、これらを請け負う代行ビジネスが流行っているといわれています...
かなり久しぶりのエキサイト記事からの「トラックバック」です。
ん?今は、「ブログに投稿」というボタンに変わってました。

前置きはさておき、テレビなどでも報じられていた、「宿題代行」のビジネス。
最初に聞いた時、

「何じゃそりゃ?」

と思ったのは自分だけではないはずである。

記事では違法性は基本的には無いのではことだが、

そんな次元の話だろうか?

家族に手伝ってもらうことは多少はあるかもしれないが、
基本的には、「自分でするもの」、
こんな当たり前のことが最後に強調されているのが、

何だか悲しくなってくるほどだ。

当然ながら、fujitaka_1が学生の頃には、
こんなサービスは無論存在しておらず、
夜の12時が過ぎようが、
夏休みが過ぎて9月に入り、先生に怒られ催促されながらでもやる、
それが「宿題」という認識でいた。

ちなみに夏休みの宿題で一番苦手と言うか、
気が向かなかったのが理科の自由研究、

何を題材にしていいかを考えるのが面倒だった。

その次は絵画・工作系だったかな。
自由研究でも社会系はまだ調べ物とか意外に進んでやっていたことを
おぼろげながら記憶している。

代行ビジネスが流行る原因として、
「受験勉強が忙しいから」というのがあるらしいが、
学校の勉強は受験勉強でないのだろうか?そこまでかけ離れているのだろうか?

個人的には、そこまで切り離して考えるのもどうかと思う。

確かに当時は面倒だなあと思っていたことも、
今になってみれば、「もっとやっておくべきだったかな。」と思うことは多々ある。

そういや、もうすぐ学生にとっては夏休みも終わり、
そろそろ慌てている人もいるのかもしれない。
あまりバタバタやるのを推奨するわけではないが、

「短期に集中して物事に取り組む。」

というのも、将来役に立つのではないかと思う。

※何かとりとめのない文章になってしまいました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-08-29 22:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/22526822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 赤乃れん 千鳥 >>