しまなみ海道ウルトラ遠足 レポート(その2)

階段を下りて福山城を出発。道なりに国道2号線まで出る。
ウルトラとあって、歩道を走り、信号ではもちろん停止を守る。

「何も急ぐ必要はない。」

と自分に言い聞かせながら先を行く。
途中までは車では何度か走っている道、周りの風景も記憶していた。
5km手前くらいだったろうか、国道から川を挟んで並行している道を走るようになる。
交通量が少ないこの道をコースに選んでいるようだ。
周りはまだランナーが固まっているくらい、
周りにペースを合わせる感じでゆっくりと行く。
5kmで最初のエイド、スポーツドリンクをいただく。
周りのランナーの会話から察するにキロ9分くらい、

信号待ちなどを考慮すればこんなものだろう。

スタート前の注意でもあったように、この辺りは住宅も多いため、静かに通過。
しばらくすると国道バイパスに戻り、何本かのトンネルを通過する。
トンネル1本や2本くらいならどうってことないが、
10km地点を前後に何本かあり、しかも1本辺りの長さが結構ある。
交通量も多い区間のため、

トンネルを出た時、

空気がすがすがしいものだと感じた。


10kmのエイド到着。
c0034228_23201846.jpg

ドリンクに加えて、バナナなどの果物もいただく。

再びトンネルに入り、このままバイパスを直進するのかと思いきや、途中で左折。
c0034228_2326229.jpg

「ん?どの道に出るのか?」と考えつつ走る。

ところで、そろそろトイレに行きたくなってきていた。
スタート前、「序盤はトイレがないので我慢してください。」と言われていたが、
もうそろそろあるはずだと思っていると、
沿道にある公民館が早朝から開放してくれていた。
同じ考えのランナーが多いようで、しばし列に並んで用を済ませる。

沿道の地域の方々の善意にも感謝して

走らなければならない。


しばらく道なりに走ると、国道2号線に出た。
3箇所目のエイドで給水し、ほどなくして尾道市に入る。
c0034228_2321138.jpg

この道も車では幾度となく走ってきたが、

もちろんランでは初めてだ。

随所に信号があるが、小休憩と割り切り息を整える。
c0034228_23213467.jpg

半ば見慣れた道、若干のアップダウンをこなすと橋が見えてきた。

最初の橋、尾道大橋だ。

c0034228_2322850.jpg
c0034228_23221539.jpg

橋を渡る手前で4つ目のエイド、ぼちぼちお腹も空いてくる頃なので、
水分補給だけではなくパンなどもいただく。
橋への道、上り坂はスピードを落として走る。
普段あまり走る人がいないのか、半ばトレイルのような道を駆けていく。
橋に到達、人1人分の通路しかないため、
列をなして歩いて進んでいたが、途中からはゆっくりでも走れた。
c0034228_23225691.jpg

車道部分がえらく渋滞していたのを思い出す。
最初の島、向島に到着。
普段は渡船で島入りすることが多いこの島。
島をほぼ半周するようなコース、マイペースで走る。
コンビニでトイレ&水分補給。そしてほどなくして5つ目のエイドがあった。
ゆっくり走り続けながら、岩子島を結ぶ赤い向島大橋が見えてきた。
そろそろ次の因島へ渡る因島大橋が見えてくる頃じゃないかと思い出す。
自転車では通ったことがあるが、

走っているのとでは距離感が違う。

因島大橋が見えてきた辺りで、かつて自転車で通った道からも離れた道へ。
c0034228_23234075.jpg

随分大回りしているようだ。
橋手前の6つ目のエイド、水分・食糧ともに補給。
ほどなくして30km地点通過、いよいよ因島大橋へ。
c0034228_23235791.jpg

ここはほぼ階段で上った。コース前半、橋へは階段で上ることが多いようだ。
c0034228_23241674.jpg


人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-06-24 23:24 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/22281602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< しまなみ海道ウルトラ遠足 レポ... しまなみ海道ウルトラ遠足 レポ... >>