しまなみ海道ウルトラ遠足 レポート(その1)

ぼちぼち書いているレポート、ようやく公開です。
「いい加減早く書きなさい!」と怒られそうですが(笑)。

(前日まで)
しまなみ海道を走るウルトラマラソン、区間の約半分は地元愛媛県とあって
参加しやすく、気になっていた存在の大会。
風光明媚なしまなみを走るとあって、全国からランナーが訪れる。
以前申し込みを試みたものの、既に締め切られていた経験がある。
今回も募集要項を早々に取り寄せ、昨年末急いで申込。
確か郵便振替だけで締め切りになったことを記憶している。
参加申込と時期をほぼ同じくして、ホテルも予約。
ちなみにあんまり前から予約していた経験がないため、
直前で

「どこを予約したんだったっけ?」

と一瞬考え込んでしまった(笑)。


前日、仕事を終え今治で途中下車し、高速バスに乗る。
福山までは約1時間半、途中しまなみ海道を走るため、
明日の下見がてら外を眺めていたが、

仕事の疲れもあって、途中からうとうと…。

車内放送で因島何とかは聞こえたが、
気づいたらしまなみを通り過ぎ、福山市内に入っていた。
午後8時前に福山駅到着。あれ、傘をさしている人がいる。
「今日の午後で雨は上がったはずでは?」と思うが、再び降り出したようだ。
c0034228_231887.jpg

駅近くのホテルにチェックインし、夕食に出た後、荷物の確認をして午後9時半過ぎに就寝した。

(当日)
朝2時半起床、身支度をしてホテルのレストランへ。
この日はウルトラ参加者用に2時半から朝食が準備されていた。
朝食をいただき、部屋の確認をして、受付会場に向かうべく、外に出る。
ホテルの人に「頑張ってください。」との声援を受けつつ外に出ると、

「えっ!まだ雨!!」

またも雨男の本領発揮なのか??


昨日のテレビで、今日は気まぐれな天気になるとは言っていたが、
まさか早朝、いや、まだ夜か、から雨が降るとは予想してなかった。
受付会場のニューキャッスルホテルまで歩いていく。
昨日場所は確認していたが、通ろうと思っていた駅の南北の通路は閉鎖されていて、
「あれ?どこまで遠回りしないといけないんだ?」と不安になったが、
ほどなくして南北をつなぐ道路に出て、ホテルに到着。
受付を済ませ、空きスペースでゼッケン取り付け等の諸準備をしていると、
ランナー仲間に出会い、しばしラン談義。
ウルトラを次々とこなされ、もう雲の上の人になりつつある人ではあるが、
まだお城の開門まで時間があったこともあり、しばしの時間を過ごす。
「雨が上がった。」との情報を聞き、日焼け止めをしっかり塗り、
サングラスをポケットに、携帯をポーチにしまって荷物預かりのところへ、
そしてスタート地点の福山城へ向かう。
4時過ぎとあってまだ暗い。
c0034228_2313213.jpg

それでもだんだん空は明るみを帯び始めていた。
そして知り合いのランナーさんにも次々お会いするようになる。
トイレを済ませると、スタート地点で主催者の海宝さんの説明が始まっていた。
c0034228_2315938.jpg


ところどころに笑いを誘うような説明で、場も和む。

今日は予報では曇り、しかし気温は結構高くなりそう。
とにかく「完走」だけを目標に、出来るだけ走り続けようと思っていると、
スタートの合図があった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-06-23 23:01 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/22277548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< しまなみ海道ウルトラ遠足 レポ... 新型「いしづち」車両展示会 >>