話が飛びますが、摩周湖のジンクス…

c0034228_026476.jpg


とあるサイトを見ていて、
摩周湖の話が出ていたので、私が行った際の話を一つ。
上の写真は、もう3年半ほど前に訪れた時の写真である。
摩周湖といえば「霧の摩周湖」という歌があるほど、
普段は霧で覆われていることが多く、
なかなか湖面が見えないとのことらしいが、
私が訪れた時はばっちり湖面が見えていた。美しい光景である。
で、ここからがちょっと本題。
何でも独身の人が初めて摩周湖を訪れた時にきれいに見えると、
出世が遅れるやら、婚期が遅れるとやらのジンクスがあるようだ。
え、これって私に当てはまるの!?
ちなみに私はその時展望台の雪道で転んだというおまけ付きである。
まあ、運や縁というものは、天に任せるしかないのかな?
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-07-06 00:33 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/2214978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 歩くということと歩き方について ここのところ >>