高知龍馬マラソン レポート(その3)

<20km~25km>
20km前後からしばらくは平坦で走りやすい区間。
もうすぐ浦戸大橋の上り坂とあって、

「今のうちにスピードを上げておかないといけないな。」

という気になっていた。
中間点を通過、1時間54分くらい、
昨年よりは少し遅いが、まだまだ行けないことはない。

むしろこれからの走りの方が大事である。

そんなこんなで走っていると、

「キタ~~~~~~ッ!」

コースのポイントの一つ、浦戸大橋である。


スピードを落としてでも走り切ることを目標に、
あまり上を見ずに足元を見つつ走る。
ゆっくりでもやはりきついが、息を吐きながら何とか走り続けられている。
もうすぐ頂上というところで23kmの表示、

「ここを上ればもうそんなに坂はないんだ。」

(実際にはゴール前にもあるが)と言い聞かせながら走る。
ようやく橋の最高地点、ここから勢いよく下る。道なりに走り、花海道区間。
今までぼちぼちのペースで走れていたが、

ここからが正念場となる。

知り合いの応援を受けながらひた走り、25km地点通過。
あ、スイーツのエイドで止まるタイミングを逃してしまったのは
今思うとちょっと残念。2時間16分34秒(ラップ27分41秒)。

<25km~30km>
仁淀川河口大橋を折り返して競技場への道に入るまでの約10km、
この花海道をいかに走るかで記録が変わってくる。
左手には雄大な太平洋、時々見る瀬戸内海とはやはりスケールが違う。
前を走るランナーを少しずつ抜きながらエイド以外では止まらないようにひた走る。
この5kmをペースアップして走ろうというセオリーもあり、頑張ってはみるのだが、

今までのペースを維持するので精一杯、

ペースアップは厳しかった。


それでもだんだんきつくなりだすこの区間を一定ペースで走れたのは良かった。
海沿いであるにもかかわらず、沿道の声援が多かったのが走る上で励ましとなった。
29km付近で折り返しのランナーとすれ違うようになる。
おそらく3時間~3時間10分台でゴールされるランナーさん、皆勢いが違っていた。
30km地点通過。2時間45分25秒(ラップ28分51秒)。
頑張ったつもりだったが、1分以上ラップタイムが落ちていたのは残念。

<30km~35km>
折り返しまで約2.5km、
前回は「一体この道はどこまで続くんや!!」と心の中で叫んだが、

そこは2回目出場の「地の利」、

折り返しまでの距離がわかっているだけでも大きい。
もっとも30km地点のほぼ向かいに35km地点があるので、
大体の目安は付くのだが、走っているうちはなかなか気づきにくい。
折り返しのランナーに知り合いを次々に見つけ、手を挙げてエール交換。
声援を励みに、

まずは折り返しまで走り切ることを目標にする。

トンネルをくぐるともう少しだと思えるようになる。
そして見えた折り返し点、少し上ったところにあるが走り切る。
折り返しを過ぎてしばらくして12時のサイレン。
あと9kmちょっとを1時間だが、後半向かい風や上り坂を控えているので、

サブ4にも気が抜けない状況。

ん?
自己ベストはこの時点でかなり厳しいことがわかった。
でもここまで来たら行ける所まで行くしかない。
進行方向が西向きから東向きになり、若干風を感じるようになる。
今までは追い風だったのかな。次の目標は競技場に入る三叉路だ。
歩きこそしなかったものの、だんだんスピードが落ちてくるのが体感出来た。

もうこうなれば前を目指してとにかく走り続けるしかない。

この一点だけで走っていた。


35km地点通過、だいぶん先かと想定していた割には早く到達したなあと感じた。
3時間14分40秒(ラップ29分15秒)。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-02-23 22:53 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/21720771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 高知龍馬マラソン レポート(その4) 高知龍馬マラソン レポート(その2) >>