千羽海崖コースタル・トレイルランニングレース レポート(その1)

書きたてほやほやのレポートです。
もうレポートを掲載している人が多い中、やっと掲載開始…。

(前日まで)
2年前に初出場でしかも初トレランの大会、
次々に現る階段を制すどころかコテンパンにやられながらも
何とか完走した思い出深い大会だった。
完走した後は、正直

「もうええわ、勘弁して。」

という気分で一杯だったが、月日が経つにつれて、

「何かもう1回チャレンジしたい!」

という気が不思議と湧いてきて2度目の申込をした。
「一度コースを走っており、大体のポイントは把握している。

だから6時間切りも可能なんじゃないか?」

とかすかに期待をしていた。
前日、夕方前に自宅を出発、高速をひた走り、一路徳島まで。
徳島市内は若干の渋滞があったが、それでも以前ほどではなく、
自宅から約3時間で目的地の少し手前、阿南市のホテルに到着した。
明日の準備をしたり、読書をしていたりして、結局11時前に就寝した。

(当日)
朝5時起床、朝食をとり、身支度をして6時過ぎにホテルを出発。
朝早くの出発ということで、道路に一番近い駐車場に駐車していたが、
出発する時にはもう半分くらいの台数になっていた。
千羽参加者が結構泊まっていたのだろうか?
30分程度で駐車場の日和佐グラウンドに到着。
以前よりランナーが増えている影響で、出発地点行きのバス待ちの長い列が出来ていた。
それにしても車を降りてわかったが、今日は寒い!

いや寒いだけならまだしも風がとても強い。

グラウンドから近い海風の影響もあるかもしれないが、着る物に迷う。
バスにて出発地点の竜宮公園に向かう。
前の体育館で受付を済ませ、ゼッケン取り付け等の諸準備。
前回出場の時は体育館は比較的空いていた記憶があるが、
今年は開会式を館内で行うことを差し引いても、
ランナーでごった返しているほどの盛況ぶり。
何とか何人かの知り合いとお会いすることが出来て、しばしラン談義。
着る物は迷いに迷って上は長袖シャツ、下にアームウォーマー、
下は半ズボン+長ソックスでいく。

今寒くても走っていれば温かくなるだろう。

トイレを済ませた後は、補給食等を入れたリュックを背負って外に出る。

「うお~っ、こりゃ寒い。」

足踏みをしながらスタートまでのひとときを過ごす。

今日の目標は6時間切り、

前回よりも走る区間を増やしていこうと意気込んでいるとスタートの合図があった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-01-24 23:02 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/21542298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 千羽海崖コースタル・トレイルラ... プレミアム >>